アクセスカウンタ

テーマはなに?

プロフィール

ブログ名
テーマはなに?
ブログ紹介
ぶんちょう:音楽好きだった故、過去はレコード会社に約7年勤務。その後、英国とスペインへ短期間語学遊学。人生の潤いは海と文鳥。沖縄とNYに家が欲しいなあ。先日、晴れて公認ロルファーとなりました。

写真は2006年に発売されたTom Verlaine,14年ぶりの新作です。
-----------------------------------------------
songs and other things by Tom Verlaine
Thrill Jockey / thrill 173 ・ 2006
-----------------------------------------------
zoom RSS

謹賀新年

2010/01/01 21:03
皆様、あけましておめでとうございます。
シンプルですが、2010年、良き年にしましょう(^^)。

さて。早速ですが、ブログ引っ越します。
今年からは こちら をご訪問下さい。
今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


フラン県こわい城

2009/12/31 01:08
月曜から弟一家が帰省中で賑わっています。子供たちがいると、家も両親も祖母も活気づく。しかし、油断してると私の部屋に甥姪3人とも集まってくるんだな。可愛いけどうるさい(笑)。

で、下ネタを口走りたい年頃の奴らを静かにさせようと、朝倉世界一のマンガ「フラン県こわい城」を読ませてみたら...ハマりましたねえ。上の二人はゲラゲラ笑いながら真剣に読み続け、私は平和なときを過ごせました。

朝倉世界一、もっと多くの小学生たちにも読んでもらいたい(笑)。

フラン県こわい城 (のり巻) (Beam comix)
エンターブレイン
朝倉 世界一


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


フラン県こわい城 (はら巻) (Beam comix)
エンターブレイン
朝倉 世界一


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


フラン県こわい城 (まめ巻) (Beam comix)
エンターブレイン
朝倉 世界一


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


吉井武道館 2009

2009/12/29 03:59
今日演奏された曲たちは「吉井和哉グレイテスト ヒッツ」だとか本人が言ってたけれど、「みんなのうた」が多かったように思う。

「Just a little day」「All by love」「Beautiful」「Believe」「Shine and Eternity」...聴きたかったかたちで聴けて、「ビルマニア」「魔法使いジェニー」「Weekender」「Final Countdown」...楽しかったー♪大掃除のBGMにピッタリかも。やる気が湧いてくるんです。

「ノーパン」は、夏のねっとり気怠いサイケな感じが消えて、ハードなロックになっておりました。冬だから?乾燥注意報です。

逆に「Yer Blues」のガレ声&ねちいギターがダメでした。たまに普通の声に戻ったときと、終わり辺のジュリアンのギターソロに救われた。なぜだかまだよくわからないけど、吉井さんとの組み合わせで、ジュリアンのギターがすっごく好きだ。

「Walking man」、途中から変わった。後半、なんか出てきそうな一歩手前で終了しちゃったのが惜しかったです。

そして「Fallin' Falln'」がやっぱり好き。"セミダブル溺死体"って、文字変換失敗以外では思いつきません。「CALL ME」の後半、自然にまつわる名詞が次々繰り出されるところでは、夜空(宇宙空間)に放り出される感じした。

私にとって日本武道館は特別な場所で、今となっては年末の風物詩でもあります。今年、そこの主役交代がありました。

ず〜〜っと「武道館=RCサクセション=忌野清志郎」で、結局、忌野清志郎を最後に観たのも、昨年の武道館になってしまった(あの日の「多摩蘭坂」は今も思い出せるのにね)。そこに14年前、「=イエローモンキー」が加わらざるを得なくなり、今では、まさに今日ですが、「=吉井和哉」です。

なんだかすごくきれいな顔だったな、今日。いなくなった人について、代わりに歌ってもらって、今いちばん安心するんです。ありがたや。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


抱卵開始

2009/12/27 00:07
昨日から、チビの両親文鳥が卵を抱き始めた。といっても、ほとんど藍ちゃん(母文鳥)がやっているけれど。シロ(父文鳥)は巣作りを頑張っていた。

卵は6個。なるべく全部が一緒に孵るように、ある程度の数が揃ってから抱き始めるのだが、それが昨日だったみたい。順調に行けば来月半ば過ぎにはチビの弟か妹文鳥が誕生する予定。

このシロ(父文鳥)も手乗りだが、人間たちが、チビがいなくなってしょげているのがわかるのか、ふいに肩に飛んで来てこちらの顔をのぞきこんだり、なんとなく気遣いが感じられる(笑)。

うちの文鳥たちはやっぱり皆、いい文鳥だな〜。
記事へかわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


大掃除終了

2009/12/24 02:44
今日はちょっぴり暖かくなったので。カーテン洗って、窓拭いて、床も磨いて。大方9月にやったけど、一応また書類整理したりして。ホコリのない部屋はいいですなー。気分もすっとする。

しかし課題は本の収納。なるべく図書館利用にしてるけど、すぐ読みたいと結局買ってしまう。相当整理したけれど油断すると増えていく。ここ数年、CDをほとんど買っていないのが救い(スペース確保上)。

明日は基礎化粧品系の整理。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夢の中での動作

2009/12/23 01:24
今朝、夢の途中で目が覚めた。すごいリアルだったので記録する。

ビル5、6Fくらいの高さがある、太めの電柱のてっぺんにいた。登ってきたらしいけど、どう登ったのか憶えてない(いつものパターン)。

降りようと足元を見たら、下が遠すぎ、高すぎてガクガクする。足場も無い。ガクガクが止まらず、バランスが危うくなる。落ちそう。どうしたって怖いので、もう面倒になって「飛び降りちゃえ」と決める。で、落ち着く(いつものパターン)。

電柱を蹴って、なるべく遠くに飛んでみる(新しいパターン)。

すると結構離れることができて、大きなイチョウの木、なんかの倉庫のトタン屋根などなどを経由して、無事地面に着地できた(新しいパターン)。

最後、地面ですべって尻餅ついたら、見ていた人たちに笑われた。で、腹立てて怒る(いつものパターン)。

でもとりあえず無事で、思ったよりゆっくりと風圧を感じながら落ちていったのを、楽しんでしまった(新しいパターン)。

で、「結構大丈夫なもんなんだな〜」といい気になった(いつものパターン)ところで、目が覚めた。

高くて狭いところの恐怖感と、飛ぶようにゆっくりと狙ったところに落ちていく爽快感がありありと身体に残っていたが、こういう夢の中の動作も、筋膜は記憶してるのかな??
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レビュー2009

2009/12/21 22:27
まだ10日あるけれど、今年は思いがけず重い、濃厚な年だった。いろんなことと真剣に向き合わざるを得なかった年。結構軽快な幕開けだったんだけどなー(笑)。

忌野清志郎をステージで観ることは、もうない。友達ではないから会わないことが日常なので、いまだに実感できず、ずっと「最近、清志郎のライブ観てないな〜」という状態が続いているけれども。対照的なのが、チビがいないこと。こちらはボディブローのように毎日毎日実感させられる。

チビがいなくなった日、大事にとっておいたデータを誤って消してしまった。奇しくもそれは、チビが生まれた日に始まったことだ。一緒に生まれて一緒にいなくなっちゃった。

そして京都イヤー。1月に行って2ヶ月過ごし、終わり近くの11月迄再び2ヶ月の計4ヶ月滞在。沖縄に一度も行かなかったのも、実に8年ぶりのこと。

京都滞在はロルフィングのトレーニングへ参加するためだったが、このトレーニングも久しぶりにヘビーな時間だった。もちろん、楽しくも興味深くもあったが、同じくらいの重さも伴っていた。晴れてロルファーとして認定されたけれど、この重さはずっと続くはず。それだけ面白いことでもあるんだけど。

自分を身体と分けないこと。過去や未来でなく今にいること。当たり前のことのようで、なかなか難しい。難なく普通にそれらをやっていたい、2010。

来週、これまた濃厚な時間であろう吉井武道館に行けることは幸せですね。今年の〆にピッタリ、というか、ハマりすぎかもしれません。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

テーマはなに?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる